健康・看護

気象病を解説【自律神経の乱れが問題!雨や低気圧でしんどいあなたへ】

気象病

こんにちはきちです。

雨が降る前の日がしんどいのはなんで?

低気圧の影響はどんなことがあるの?

自律神経の問題と聴くけどどういうこと?

気象病でしんどい時はどう対処したらいいの?

こんな悩みについてお答えします。

今から梅雨時として天気の悪い日が続きますね。

そうなると気温が下がったり、気圧が低下したりといった天候の変化が起こってきます。

よく雨の日の前になると頭痛が起こるという声を聴くことがあります。

これの正体は「気象病」というものです。

鍼灸師として頭痛や肩こり、自律神経症状を普段から治療している私が今回は気象病を解説します!

気象病の解説【天気と自律神経の関わり】

天気の影響で自律神経を見出してしまう病気

気象病は気圧・気温・湿度などが自律神経に影響を与えることによって様々な症状を起こすものです。

気圧は耳や血圧、関節の圧などに影響します。

そうすると関節痛やめまいや低血圧などからの気持ち悪さといった症状を起こします。

気温は体温調節の働きに影響を与えます。

寒い時は産熱し、暑い時は放熱して体温を平均36度ほどで保ってくれます。

湿度が高い時は身体が熱く感じます。

これは湿度が高いと空気中の水分が多いため汗をかいても体の外に出にくくなります。

雨の日に洗濯物が乾きにくいのも同じ現象ですね。

特に身体に影響を与えるものが低気圧です。

低気圧が身体に与える影響

1番影響受ける部位は耳の中

耳の中を分解すると外耳・中耳・内耳と3つの部位に分けることが出来ます。

その中でも特に内耳は気圧の影響をうけます。内耳は音を聴く働きバランスを取る働きがあります。

バランスを取る働きは内耳の中のリンパ液の流れが関係します。しかし気圧が変化するとこの流れが悪くなります。

流れが悪くなると内耳が腫れて神経を圧迫します。その結果フラフラしたりめまいを感じたりします。

自律神経と気象病の関係

気象病の症状は自律神経に大きく関係します。

自律神経は身体の調子を整えてくれる大切な神経です。

例えば脈拍、発汗、呼吸、消化吸収、などといった働きを管理しています。

自律神経と気象病の関係を理解する上でポイントになるのが「水分のバランス」です。

水分のバランスが取れてしっかりと身体をめぐることで

・血液のどろどろを解消する
・胃腸、消化器系の働きを良くする
・免疫力アップ
・疲労の回復
・アンチエイジグ

などといった効果を得ることが出来ます。

しかし気象病によって自律神経が乱れることで様々な症状が起こってしまいます。

頭痛と気象病

頭痛にも色々な種類があります。その中でも気象病と関係する症状は片頭痛と似た症状が起こります。

低気圧になり、血管が拡張すると血管周りの神経を圧迫してしまいます。

その結果として頭痛が発生します。

https://re-birthbody.com/479/

息苦しさと気象病

呼吸器系の症状が起こるのも気象病の1つの特徴です。

自律神経が乱れると気管支が狭くなったり広くなったりします。その結果として息を吸いにくかった吐きにくかったりといった症状が現れます。

そして息が吸いにくいと余計に吸おうと頑張るので力み緊張状態になり症状が悪化するといった悪いサイクルになってしまうため注意が必要です。

うつと気象病

うつ病は心の問題と身体の問題のそれぞれによって引き起こされます。

ずっと気圧が低い状態で頭痛が起こったり、熱をためやすい体になってしまうと

どうしても身体も心も疲弊してきます。その結果うつ病として症状が現れてしまいます。

肩こりと気象病

肩こりも気象病と大きく関係します。肩こりが起こる時は首や肩周りの筋肉への血流が滞っている場合があります。

これはただ筋肉へ血が巡っていないだけでなく、気象の変化でずっと緊張状態がつづき筋肉が凝り固まっている場合もあります。

https://re-birthbody.com/430/

こうなるとマッサージするだけでは効果は薄く、自律神経を整えて緊張状態から開放してあげないと症状は改善しません。

気象病への対処法

気象病からくる症状を改善させるには大きく2つの方法が考えられます。

元々の症状を治す

気象病により頭痛や肩こり息苦しさが悪化する人は、元々頭痛や肩こり、息苦しさが酷かった傾向にあります。

そういった方には天気に関係なく普段から本来の症状に対してケアを行わないといけません。

頭痛や肩こり息苦しさがあるなら早めに病院へ行き薬をもらったり、治療を始める必要があります。

こういったタイプの人は天気が悪い時に1つの症状のみ現れることが多いです。

自分はどういったタイプの気象病なのかを判断する材料にしてみたください。

自律神経を整える

気象病で症状が悪化する人の多くは自律神経が乱れがちです。

元々あった症状に自律神経の乱れが加わることで症状が悪化します。

それなので、普段から自律神経を整えておくと天候からの影響は少なく生活することが出来ます。

自律神経を整えるためには「規則的な正しい生活」とよく言われます。

具体的にいうと

・7時間前後の睡眠

・適度な運動(1週間に2日〜3日で1回20分ほどの運動)

・バランスのとれた食事(主食・主菜・副食が揃っているもの)

・リラックスする時間を確保する

・1日にスマホ・PCを使用しすぎない

・適度に水分を摂る

・ゆっくりお風呂につかる

などといったことがあります。

リラックスにはアロマが有効

自律神経を整える1つの手段としてアロマを使うことがあります。

アロマの効果としてがリラックス効果はもちろん、リフレッシュ効果や心を落ち着かせてくれたりします。

特にオススメなのが

・ラベンダー

・ベルガモット

・ゆず

・サンダルウッド

などです。

迷ったらまずこの4つから選んでいただけたら間違いありません!


これらの小さなことの習慣化が自律神経を安定させるためには必要ですので今一度見直してみましょう!

まとめ

気温・湿度・気圧などの影響で身体に不調が起こるものを気象病という

特に気圧による影響がよく見られる

気圧が身体に影響を与える時は耳が関係する

気候の変化により自律神経が乱れると様々な症状が起こる

対処法は元々の症状を治す・自律神経を日頃から整える、この2つが大切である

今日もありがとうございました。