論文・文献

「筋骨格系のキネシオロジー」レビューと活用方法

こんにちはきちです!

今回は私が普段愛用している筋骨格系のキネシオロジーのレビューと活用方法を書いていきます。


私達鍼灸師は国家試験に合格し臨床現場出ると多くの症状に出会います。

そうなると今まで使っていた教書ではどうも物足りなくなってきます…

特に運動器をよく診る先生からすると特に困るはずです。

その時にどの参考書を使えばいいか迷いますよね…

私は普段の勉強で筋骨格系のキネシオロジーを愛用しています。

そんな私からおすすめポイントや活用方法をお伝えします!

私も鍼灸師として現場に立ちどの参考書から改めて勉強したらいいか迷っている時期がありました。

その期間で色々購入しましたがどこか内容が浅い気がして深いところの理解が出来ません…

そんな時に「筋骨格系のキネシオロジー」を知り購入し勉強していくと今までにない部分の知識がつき自信が持てるようになりました!

本記事をお読みいただければ

参考書を迷っている方

運動学をしっかりと勉強したい方

とって有益なヒントになります!

筋骨格系のキネシオロジーの良いところ

構成が分かりやすい

筋骨格系のキネシオロジーは最初に運動学の基本的なことを解説してくれています。

運動学とは

関節とは

筋肉とは

骨とは

身体が動くとは

こういった総論的なことを細かく説明しています。

そしてそれを踏まえた上で身体の各部位に対して説明しているので

段階を踏んで理解することが可能です!

図解とグラフの多様でイメージがしやすい

またただ文字で書かれているのではなくカラーの図や、分かりやすいグラフも掲載されています。

当たり前ですが人は情報を得る時、文字だけより図やグラフといったビジュアル的な資料があったほうが記憶に残ります。

その図やグラフが丁寧に書かれていることは大きなポイントだと思います。

身体の各部位や動きを細かく解説

そしてなんといっても

解説がとても細かいです。

例えば腰を曲げる(前屈する)という動作に対しても

・ハムが機能している場合

・ハムが機能していない場合

・足首の可動域との関係

・腰椎の可動域との関係

などといった色々なパターンが解説されています。

この細かさが臨床現場ではよりリアルな内容になってきます。

また人間が本来行う「呼吸」と「歩行」に関しても丁寧に説明されています。

この当たり前の動きに対する理解が深まることは運動学を学ぶ上で絶対に必要が知識になります。

筋骨格系のキネシオロジーの気になるところ

解剖学的な基礎知識が必要

筋骨格系のキネシオロジーはとても細かく解説してくれている参考書です。

そのため基礎中の基礎のことは細かく解説されていません。

よくある運動学の参考書だと

筋肉の起始停止

筋肉の作用

などをまとめてくれています。

しかし筋骨格系のキネシオロジーは各章の最後にまとめられている程度で

その知識がある前提で話が進んでいきます。

そのため全くの素人さんが1番最初に使うとなるとハードルが高いと思います。

しかし、国家試験に合格している最低限の知識があるようでしたら問題は無いと思います。

想像力が求められる

これは「筋骨格系のキネシオロジー」に限らず運動学を学ぶ上で言えることですが

「人の身体がどう動くのか?」そこの想像力、イメージが出来ないと書かれている内容が理解できません。

例えば、座っている状態で股関節を屈曲するとなると膝関節は屈曲位になることが基本です。

これは股関節とハムの関係が膝関節に影響するからです。

こういった一般的な動きを理解しながら運動学を勉強すると理解は早まります!

物理的なイメージが必要

運動学は骨と筋肉、関節の物理です。

どの筋肉が短縮してどの関節が屈曲・伸展するのか?

筋肉の起始停止と作用の理解と同じようなものです。

そして「筋骨格系のキネシオロジー」ではトルクモーメントといった物理の授業で出てくるような表現をしています。

横文字がいきなり出てきてもいいような語彙力は最低限必要だと思います。

筋骨格系のキネシオロジーの活用方法

自分で動く・他人の動きを観察する

運動学は文字を読んでみてもあまり頭には入りません。

実際に自分で動いてみて「そういうことか」という感覚を掴むことが大切です。

例えば歩行時に膝関節が完全伸展位になることは絶対にありえません。

それを自分で歩いてみて確かめてみます。

そうすると確かに常に少しは曲がっていることが確認できると思います。

その知識を持った上で町中の歩いている人を見てみてください。

膝関節が伸展しきっている人が必ずいるはずです。特にヒールを履いている女性は伸展しやすいので良い参考例になるはずです!

参考書に書かれていることが実社会で正しく起こっているかどうかのチェックが自分の理解度につながります。

国家試験用の教科書を見直す

「筋骨格系のキネシオロジー」で勉強した後に国家試験対策で使っていた教科書の同じような範囲を見直してみてください。

だいぶ簡単に書かれていると思います。

その簡単という感覚が大切です。

「簡単だな」と感じていたら最低限の知識はしっかりと頭に入っているはずです。

それが小さな自信につながり現場でアウトプットする時もスムーズに行うことに繋がっていきます!

学んだことをアウトプットする

これは勉強する上では当たり前のことですが、インプットしたらアウトプットするべきです。

そのアウトプットの仕方は人それぞれです。

私の場合は実際に患者様に説明したりします。しかし患者様は身体のことの素人さんです。

だからどう表現したら簡単に伝えられるか?分かりやすいか?

そこを追求しながらやっています。

例えば立位時りついじは膝関節は完全伸展位かんぜんしんてんいを取る時に下腿が外旋位がいせんいを取ります(スクリューホーム運動)

この内容をそのまま伝えても患者様はちんぷんかんぷんです。

分かりやすい表現を使うとすると

「膝をしっかりと伸ばした時、足の人差し指は外側を向く」といった感じです。

この表現のバリエーションを持つと臨床現場では、患者様が理解と納得をもって治療を受けられます。

まとめ

筋骨格系のキネシオロジーの良いところ

・構成がわかりやすい
・図解とグラフの多様でイメージがしやすい
・身体の各部位や動きを細かく解説

筋骨格系のキネシオロジーの気になるところ

・解剖学的な基礎知識が必要
・想像力が求められる
・物理的なイメージが必要

これらの特徴がありますがしっかりと運動学を勉強しようと思っている方は購入することをオススメします!


今日もありがとうございました。