健康・看護

呼吸の機能【横隔膜を働かせて腹圧を保とう】

呼吸の機能解説

正しい呼吸ってなに?

呼吸でどんな動きなの?

呼吸ってそもそもそんなに大切なの?

こんな質問に答えていきます。

こんにちはきちです。

パーソナルトレーナーである私が

筋トレ以上に重要だとお客さんに伝えている「呼吸」について話していきます。

呼吸の機能

呼吸の機能

呼吸運動にバキューム機能はない

「息を吸う」というと「吸う」機能が身体の中にあるとイメージする人がいるかもしれません。

しかし「吸う」機能というものはなく呼吸はとても原始的な作用で行われています。

それは胸郭の内圧によるものです。

胸腔は常に陰圧(外より気圧が低い状態)です。そのため肺は常にある程度膨らんでいます。

呼吸はこの胸郭の圧がより陰圧になったり、逆に圧が大気圧に近づいたりします。

その結果肺が膨らんだりしぼんだりして呼吸を行います。

横隔膜の動き

横隔膜は肋骨と胸骨・腰椎につながる筋肉です。

基本的には呼吸により上下に動きますが、反り腰などになると横に広がったりもします。

この上下の動きが呼吸にはとても重要です。

そして筋肉であるため固くなったりして動きが悪くなることももちろんあります。

また横隔膜は意識して動かすことがとても難しい筋肉です。

なので姿勢を正したり、本来の呼吸を習得してちゃんと働くようにしましょう。

正しい呼吸が出来ることで起こるメリット

正しい呼吸

腹圧の安定

呼吸が出来ることで多くのメリットが存在します。

その中でも特に重要なポイントは腹圧が安定することです。

よく腹圧が「高まる」と言いますがそもそも腹圧が抜けることが問題なので腹圧は「安定する」と考えたほうが正しいです。

肩こりの軽減

呼吸がしっかりと行えると肩こりの改善につながります。

本来横隔膜が上下に動き胸郭が広がりますが横隔膜を機能させられない人は首の筋肉を使って胸郭を持ち上げなければいけません。

その結果呼吸するたびに首から肩の筋肉に負担がかかり肩こりとなってしまいます。

肩こりの原因の全てが呼吸というわけではありませんが多くの人の原因の1つになっていることは確かです。

呼吸 肩こり
ゴリゴリ肩の原因と3つの解消法【肩こりは揉んでも改善しない】ゴリゴリの肩こりで悩んでいる人はたくさんいます。その多くの方がマッサージを受けたり揉んでもらったりして対処しています。しかしもっとも根本的なところは「呼吸」です。呼吸を整えて首のインナーマッスルを休ませて肩こりからおさらばしよう。...

歩行の改善

呼吸と歩行はとても密に関係します。

息を吐くと上半身の重さがしっかりと足に乗り、その反力で歩行が始まります。

(難しい言葉でこれを床反力といいます。)

しかし息をしっかりと吐けない人はこの床反力が生まれないため足で無理に地面を蹴ったり

地面を足がするようにして歩行するしかありません。

その結果下半身が太ることにもつながるので歩行と呼吸の関係は要注意です。

呼吸のエラーパターン

呼吸のエラー

腰が反る

呼吸がうまく出来ていない人の特徴として「反り腰」というものがあります。

反り腰になると横隔膜が前後に伸びてしまいます。その結果上下に伸び切ることが出来ず呼吸機能が落ちます。

1度あえて反り腰になった状態で鼻から大きく息を吸ってみて下さい。

その後に姿勢を良くして鼻から息を吸ってみて下さい。

腰を反った状態で息を吸おうとするとなかなか深く吸えません。

またその状態で吐こうとしても息を長く強く吐くことも出来ません。

頑張って吸う

呼吸は本来自然と行えるものです。しかし「息を深く吸いましょう」などと言われるとどうしても頑張ってしまいます。

しかし呼吸を頑張って行うことは無駄な力を使うことになります。

特に頑張って息を吸う人は首に力が入りがちです。

頑張って呼吸する人の特徴としては「呼吸の音が聞こえる」ことがあります。

多いタイプとしては鼻で息を吸って「スー」と音がします。自分自身の呼吸や隣にいる方の呼吸に注目してみて下さい。

日常で気をつけること

呼吸気をつける

腹圧は安定しているか

日常で腹圧が安定しているかを確認する方法として呼吸時にお腹や背中が膨らむかがポイントになります。

空気は四方八方に均等に広がります。

しかし腰が硬かったり反り腰の場合だとお腹だけ膨らんでしまいます。

風船をイメージしてみてください。本来の風船なら均一に空気がゴムを押して丸くなります。

しかしゴムの一部をノリやセロテープなどで固定した場合その部分は通常より膨らみませんよね。

普段の呼吸でお腹や腰の膨らみがどうかチェックしてみましょう。

お腹から大きな声を出せるか

よく「お腹から声を出す」ということを言われます。

これは腹圧が安定していないとなかなか出来ません。

カラオケで声のボリュームをあげようとすると身体を曲げたほうがやりやすいです。

これは身体を丸くすることで腹圧が安定しやすくなるからです。

腹圧が普段から安定している人は身体を丸くすることなく大きな声を出すことができます。

お腹から大きな声を出すことは出来ますか?

まとめ

呼吸の必要性

呼吸はバキューム機能などは無く圧を使った原始的な運動

呼吸で大切なのは横隔膜

呼吸の機能が正常だと肩こりの改善や正しい歩行につながる

腰が反ったり、頑張って呼吸をするのはエラーパターン

腹圧の安定や大きな声が

今回もありがとうございました。