プライベート

鍼灸院を知らなかったきちが鍼灸師になったワケといま思うこと

こんにちはきちです!

今回は鍼灸も知らず整骨院という存在も理解していなかった私が鍼灸師になった理由をお話します。

そして鍼灸師になっていま感じていること、鍼灸師を目指している学生さんたちに覚えておいてほしいことをお伝えします!

鍼灸師になったワケ

小さい頃からスポーツ少年

私は保育園のころから足が速い方で外で遊ぶのが大好きな子どもだった

小学生にあがると休み時間はいつもドロケイ(ケイドロ?)かドッジボールをやり続ける

中学生からサッカー漬け

中学生になりサッカー部に入部

それなりにレギュラーで出ていた

高校サッカー部で出会った理学療法士さん

中高一貫の学校のためエスカレーター式に高校入学

高校の練習で筋挫傷を繰り返す

この時部活に来ていただいていた理学療法士さんに身体を診てもらい面白そうだと思う→この時鍼灸師という仕事は全く知らずスポーツトレーナー程度のイメージだった

河合塾からの1通の手紙

高校2年生になるとスポーツトレーナーになれそうな大学名を模試で志望校にひたすら書いていた

河合塾から私の学年で鍼灸学科を開校する大学が紹介されている手紙が届く→ここで初めて鍼灸師を知る

プロスポーツ選手を治療してみたい、カッコよさそう!と思い始める

県外だったが「行ってみるか」ぐらいの気持ちで入学

わけが分からなかった鍼灸の勉強と恩師からの言葉

大学入学するが鍼灸学科の勉強が全く理解できない1年目

サッカーとバイトで3年生の冬まで遊び呆ける→模試を受けても正答率30%ほど…

3年生の後期頃からチューターの先生と教授の授業は面白いと思うようになる

教授から「きちの素直さは治療家に向いている。絶対に治療家になれ。わしがしっかりと教える」ということを言われる

鍼灸師になってみようと想った初心を思い出し国家試験7割ほどで無事合格

鍼灸師として働く

やっと鍼灸師なれた喜び

関西の鍼灸整骨院グループに就職し1年目は延べ1000名の患者様に鍼が打てた環境

どういった効果を出せるのかの好奇心が先走る

ある患者様からいただいた言葉

先輩鍼灸師から引き継いだ患者様に「お前の鍼は効かない」「どうやって俺を治す?」ということを言われて調子に乗っていたことに気付かされる

改めて自分の鍼を見直し、仲間からのフィードバックを元に改善する

その患者様に改めて受けていただき多少の効果を感じていただいた

そういった色々な患者様と関わらせていただき鍼灸師としての足らずは至らなさを学びその都度改善し続ける

プロスポーツ選手を治療するようになる

1店舗の院長になり高校生の時にやってみたいと思っていたJリーガー、プロゴルファー、力士の治療を体験する

そこで色々気づく…

プロスポーツ選手の治療は「特別すごいことではない」程度の感覚

むしろ普段の患者様の治療がしっかりと出来ていればその延長でしかないと思う

いま思うこと

私は鍼灸師という仕事がどういったものかまったくイメージがない状態でやってみようと思いこの業界にチャレンジしました。ただプロスポーツ選手を治療するってカッコよさそう程度です。

しかしいま鍼灸師になり感じるとこは、この仕事をやっていてよかったということです。

特によかったと感じる理由としては

①コミュニケーション力が上がる

これは当たり前ですが私達は患者様という人と関わる仕事です。その中で話を聴いてこちらの意思を伝えて理解してもらわないといけません。1年目の私はそこがボロボロでした。

しかし仕事を通してこのコミュニケーション力が上がったことで仕事と全く関係のない人との関わり方も良くなり自分の輪が広がりました。

②勉強癖・読書癖がつく

鍼灸師はおそらく一生勉強です。そうなると読書はかかせません。もともと本を読むことは好きでしたが仕事を始めてから余計に読む量が増えて、ジャンルも様々です。

③人としての大事な部分が養われる

これが鍼灸師になり1番良かったことだと思います。人と関わり、人の痛みを理解できる人間はなかなかいないと思います。しかし鍼灸師として働いていると相手を理解できるようになってきます。その時患者様から私自身が理解されて信頼関係が生まれます。お互いが理解し合った先生と患者様の絆はとても堅いものです。何かあったら必ず頼られる存在になります。

その人と人との大切な関係を学べるのも鍼灸師の魅力です。

まとめ

簡単に書きましたがこれがきちが鍼灸師になった理由といま感じていることです。

鍼灸師を目指した動機は「カッコよさそう!」でした。こんな不純な動機でも私は良いと思います。

鍼灸師を目指す学生さん、鍼灸師はいい仕事です。国家試験もちゃんと勉強したら受かります。

この記事を見てくれた未来の鍼灸師といつか一緒の現場で働けたらと思います。

今日もありがとうございました。