健康・看護

正しく歩きましょう!って…

こんにちはきちです。

今日は歩行についてお話していこうと思います。

以前鍼灸師になりたての頃、外部の企業さんが開催してくださったセミナーに参加してきました。

そこでは腰痛の話や身体の歪みなど色々な例がありとても興味深く勉強になるものでした。

ある時その講師の方が歩き方についてお話をされたのですが

「歩く時はしっかりと地面を蹴ってつま先を使いましょう」

「かかとから地面にはつかないといけません」

「母趾球を意識してー」などといったことをおっしゃられました。

そこで私が感じたことは、こんなこと普段歩いていて意識している人なんておらんやろ…

ということでした。

そこから色々勉強しました。歩くって何なん?なんでかかとから?ハムストが働かないとダメなの?

そういった疑問に対して色々文献や論文を見てみました。

結果わかったことを伝えます。

それは母趾球を使うことも、地面を蹴ることも、かかとからつくことも単なる結果です。

人間の身体が正しく機能していたら勝手にそうなるという話です。

だから私がセミナーで聞いた話は順番が逆ですよね。

母趾球を使えていたら正しい、地面を蹴れていたら正しい、かかとからついていたら正しい

これらは全部間違いです。

そもそもの話をします。まず歩くとは人間が二足歩行になったため、必要な運動機能です。

そして目的地まで移動するなどといった歩行の目的があります。

人間が歩き出そうとする時に、まず動き出す場所は「頭」です。

身体の中で1番上になる重たい頭が進行方向へ移動すると身体全体のバランスが崩れます。

それでもこけないようにするために足が動き始め「歩行」という運動に変わります。

この時足はふりこのように動き出しスムーズに様々な関節や筋肉が機能し始めます。

「頭の移動」というエネルギーを無駄なく利用するために、【結果として】かかとからついたり、母趾球を使ったり、地面をけることにつながるのです。

ここを理解できたら自分自身の普段のあるき方を動画などで撮ってみると面白いです。

右足はしっかりと地面を蹴れていても左足はすり足で歩いているなどといったことが見えます。

そしてそもそも頭の移動がしっかりと下肢に伝わるには何がどうなっていたらいいか?

そこで出てくるのが以前も話した「呼吸」です。

呼吸は横隔膜で行うものでしたね。そして腹圧が入ります。

この腹圧が入った状態だと地面を蹴ることや、足がスムーズに出ることに繋がります。

それとは反対に呼吸がしっかりと行えていない状態であると

ほぼ確実に反り腰につながりしっかりと歩くことはできません。

改めて呼吸の重要性がわかると思います。

この「呼吸」と「歩行」がうまく連動すると人間本来の動きになります。

そしてこれがとても奥深い内容です。

また繰り返し色々な表現でお伝えします。

今日もありがとうございました。