論文・文献

本のご紹介

こんにちはきちです!

Re:birthブログでは身体や運動、栄養に関わる本や論文も伝えていこうと思います。

第1目はこちら!

「空腹」こそ最強のクスリ!


こちらの本、最近You TubeやTwitterで色々紹介されていましたね。

私も最近はプチ断食のような食生活をしていたため興味があり

今回買ってきました。

読んでみて正直な感想は、とても分かりやすく実践しやすい内容だなというものでした。

こちらの本で言われていることは「空腹の時間を長くすること」それにより

内臓への負担が軽減されていくというものです。

結果として中性脂肪が下がることや、高血圧が改善されていくということでした。

実際に私がこの本のように食事を改善してみて感じたことをお伝えします。

私は夕食から次の日の昼食までの時間を長くしています。

まず何より感じることは午前中の身体がすこぶる軽いです。

実際に血糖値や血圧を測ってはいませんので数値的な話は出来ませんが調子としては

とても良いほうだと思います。

また他に感じることとしては

私は普段仕事終わりに筋トレやHIITをしています。

しかし今回こちらで紹介されている食事リズムに変えてみて

仕事終わりにHIITをする元気は以前よりも減った気がします。

これが食事の問題なのか、仕事が忙しいからなのか、他の理由があるのかは

断言できませんが最近感じていることの1つです。

そういったことを感じていたため仕事終わりに少しだけナッツを

食べてから動くようにもしています。

おそらく本でも言われているように前日の夕食から次の昼食まで16時間は空いているため

問題はないと思います。

また他に感じる変化は、お腹周りが少しスッキリしました。

もともと太り気味というわけではありませんでしたが、2cmほど減っています。

体重を測ってみたところここは変化は1kg程度で大きな変化は見られませんでした。

このように色々変化が少しずつですが感じています。

何よりやってみてよかったことは午前中の調子が良いことですね。

それだけでも嬉しいことです。

また本にもありましたが、食べるものに関しては気にしなくて良いということが

ありがたいですね。

糖質制限食であったりすると、1食あたりの糖質を考えながらでないといけないので

めんどくさく長続きしません。そこがこの食事のやりやすい理由にもなります。

身体がなんとなく重だるい、スッキリしない、血糖値が気になる、中性脂肪が高い

といったことを気にしている方は実践するかしないかは別として

1度読んでみることをおすすめします!


次回の本の紹介もお楽しみに!