健康・看護

反り腰とは?反り腰による悪影響

こんにちはきちです!

今日は「反り腰」について話していこうと思います。

皆さん、自分は反り腰かもしれないという方はいますか?

反り腰は多くの方を悩ます骨格の歪みの1つです。

しかしどうしたら反り腰が改善するのか?そもそも自分は反り腰なのか?

そこが分からないからほったらかしになるんですよね…

私は毎日多くの反り腰の患者さんに対してどうしたらいいか、何に気をつけたらいいかを伝えています。

私も数年前までは反り腰でなかなか治すことが出来ませんでした。しかし色々勉強して自分の身体で試すことで反り腰を少しずつ改善できてきました。

また私がパーソナルトレーナーとして関わっている方たちにも反り腰の方は多く、まずは反り腰を改善させて色々トレーニングをしていただいています。

今回の記事は反り腰を理解してもらうこと、反り腰だと何が悪いのかを解説していきます。

ぜひ最後まで読んでいってください。

そもそも反り腰とは

反り腰は腰だけの問題ではない

腰(腰椎)は本来、前へ反っている前彎という形を取ります。

しかし骨盤との関係や筋力や腹圧の影響などによって前彎が余計に強くなっている状態を反り腰と表現します。

つまり腰だけの問題ではありません。

よく「姿勢良く歩きましょう」「胸を張って!」などど言われることがあります。

しかしその言葉だけを意識するとどうしても腰を反らそうとしませんか?

多くの方が

姿勢が良い=背筋が伸びている→結果として腰を反る

ことになります。

これは正しい姿勢ではありません。ただ腰を反らしているだけです。

反り腰の判断基準としては床に上向きで寝たり、壁に背中をつけて立ってみてください。

その時に腰と床や壁の間にスカスカの隙間があると基本的には反り腰です。

※多少は隙間は出来ますが、多少です。

まずはご自身の身体をチェックしてみてください!

反り腰になりやすい人

反り腰になりやすい人は

よくヒールを履く

腹圧が弱い

呼吸が浅い

大股で歩こうと意識している

太ももの前がパンパンに張っている

下半身デブ

巻き爪

こういった特徴がある人は反り腰にになっている可能性が高いです。

反り腰による悪影響

歩き方がおかしくなる→太ももが太くなる

本来の歩行では足を前に出す時に腸腰筋が機能します。

しかし反り腰の状態で歩こうとすると腸腰筋が機能しなくなり大腿部の外側を使って歩くことになります。

この歩行が以前話した「足から歩き出す」ということに繋がります。

復習ですが本来の歩行は頭の重心移動を伴った「体幹」の動きでしたよね!

頭が前へ移動する

身体が前へ倒れていく

こけないように足が前へ出る

この流れです!

でもこの動きが反り腰の場合はできません。

そうなると結果として足から歩きだすことに繋がり太ももの外が突っ張ってきて太くなってしまいます。

膝から下が太くなる・巻き爪

また反り腰のまま歩行すると足の指が浮き始めます。

これは足首を使って地面が蹴れなくなるからです。

本来歩行は結果として地面をしっかりと蹴るものです。そして蹴る時は親指側で最終蹴ることになります。

しかし反り腰の場合足で地面を蹴ることは出来ず、足を外側に擦るするような歩き方になります。

よくペタペタ歩きなどと言われるものに近いイメージです。その結果足首が歪んだりもしてきます。

そしてスネもカチカチに張ってきます。よく足の指が丸くなり巻き爪になる人がいますが反り腰歩行の可能性が高いですね。

膝が捻れる

反り腰で歩くと何度も説明してきたように腹圧が抜けてしまいます。

そうなると骨盤は前に倒れ(前傾ぜんけい)し、その代償として太ももが内捻れ(内旋ないせんを起こします。

でも地面を蹴って歩かないといけないので膝を必要以上に伸ばし(反張膝はんちょうひざ、膝から下を外捻れ(外旋がいせん)させます。

その結果として膝が捻れお皿の上の内側にぷにぷにとしたお肉が溜まっていきます…

お尻が落ちる

また反り腰で歩く場合、お尻や太もものウラ(ハムストリングス)が上手く働きません。

そうなると当たり前ですがお尻はたるんできます。

よく「お尻の筋肉を意識して歩きましょう!」という声も耳にします。

これに関して先に結論から言います。

「やめてください」

お尻を使うのは結果です。先にお尻を使う意識を持って歩こうとするとほとんどの人が骨盤を前傾させて腰を反ります。

そうなるとその意識で歩いている時はまだマシですが気が抜けた状態で歩くとお尻は機能しません。

また、このたるんでいる状態で筋トレしてもただお尻が大きくなるだけなので要注意です…

まとめ

このように反り腰が身体へ与える影響はたくさんあります。

以上のことを注意してまた生活してみてください。

反り腰の理解

腰だけの問題ではない


よくヒールを履く

腹圧が弱い

呼吸の浅人

大股で歩こうと意識する人

太ももの前がパンパンに張っている

下半身デブ
巻き爪

これらの人は反り腰になりやすい

反り腰による悪影響
歩行がおかしくなる→太ももが太くなる
膝から下が太くなる・巻き爪になる
膝が捻れる
お尻が落ちる