健康・看護

反り腰と腹圧

こんにちはきちです!

前回の反り腰の続きをやっていこうと思います!

反り腰による悪影響は前回お話しましたね。

それでは反り腰を改善するには?ということからいきます。

まず何より必要なのは「腹圧」です。というか「腹圧」が全てといっていいほどです。

しっかりと息を吸ってしっかりと息を吐くことが重要です。

以前お話した横隔膜を機能させて呼吸を行うと息を吐いた時に地面を踏む感覚が得られると思います。

その踏む感覚があることが歩行時に地面を蹴ることにも繋がります。

しかし反り腰になると足の指が浮き始めます。そうなると腹圧を利用して息を吐くことが結果としてできなくなってしまいます。

自分が反り腰かどうかをチェックする時に息をながーく吐いてみてください。その時に足が地面へめり込むような感覚が得られたら反り腰の可能性は低いです。

しかし足の感覚が全く変わらないようだと反り腰で腹圧が入らない呼吸になっている可能性大です。

では反り腰の人が注意するポイントをお話します。

まずは呼吸をゆっくりと行うことからです。横隔膜を使えてない人は呼吸が浅く早いことが多いです。

なのでまずは意識的に呼吸を変えることからです。お腹が膨らんだり凹んだりすることを感じながら呼吸をしましょう。

また呼吸以外でも動きをゆっくり行うことは大切です。よくせっかちな方とか急ぎがちな方がいると思います。その方は上にも書いたように呼吸が浅めです。

なのでゆっくりゆっくり動いてみましょう。すると勝手に呼吸が変化し反り腰も変わってくると思います。

またお腹のストレッチなども大切です。

こんなやつです。一見反り腰を強調しそうですが、反り腰の方は立位で腹筋が伸び切ってしまっています。それを改善させる1つの手段にもなります。

このようなことを色々やってみると少しずつ改善していきます。

前回もお伝えしましたが反り腰になるとたくさんの困ったことが起こります。

特に女性が気にする下半身が太くなったりお尻が垂れたりボディラインに影響を起こします。

そして足首は膝の歪みにも繋がり痛みを起こすこともめずらしくありません。

反り腰はしっかりと対処すべき身体の状態です。

今回は反り腰に対してできる簡単なことをお伝えしました。

出来る範囲で少しずつやってもらえたらと思います。

今日もありがとうございました!